エッセイ e-126「山岸千丈氏を偲ぶ」持田典秋