エッセイ e-127「加治さんとの思い出」澁谷徹