エッセイ e-123「空と稜平」 小林浩之