エッセイ「我が心の『ガンザク28号』」横山哲夫