エッセイ「クモの糸は切なかった」横山哲夫