エッセイ「「鉄」の歴史とロマンを歩く」梅村文夫