SCE・Netは化学工学会の一組織です。SCE・Netの活動理念は社会貢献と自己実現です。シニアケミカルエンジニアの経験と知恵で、社会に貢献します。

コンサルタント・プロフィール

001年齢:72歳
出身企業:化学製造メーカー
学歴:工学部化学工学修士
経験業務の範囲:研究開発・営業 ・知財調査
アピールポイント:新商品開発、燃料電池
対応可能な業務:講演・執筆・教育
得意製品分野: 電解プロセス、電池、フッ素化学
保有資格:技術士・甲種高圧ガス取扱責任者

1.個人会員の構成(2015年SCE・Netパンフレット・データ版より)

会員の保有資格

博士号取得者 工学 20名、理学1名、農学1名、学術1名  化学工学上席技士1名
技術士 化学 11名、金属2名、水道1名、農業1名、原子力・放射線3名
公害防止管理者 大気1種20名、水質1種28名、騒音5名、振動1名、主任1名
   
   
危険物取扱者(甲種) 27名
その他 ISO 関係資格、廃棄物処理設備管理者、高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士・ボイラー、衛生管理者
   
   
   
   
   

2.各個人会員のプロフィール

SCE・Net個人会員のコンサルタントプロフィール一覧表
会員番号 プロフィール
P-005
経歴・実績:
a) 塩安ソーダ法パイロット開発と製造
b) ポリオレフィン合成触媒開発及び製造・QC
c) スチレン、エチレンオキサイド等石化製品の合成触媒開発及び製造
d) 機能性高分子の研究開発
e) ポリオレフィン 成形加工開発
f) 環境触媒開発&有機精密合成研究
g) 廃液処理プロセス開発&廃棄物ゼロ化開発
h) ISO9000, 14000 企業審査及びセミナー講師、企業コンサルティング
資格:
1) 技術士(化学)    2) 工学博士    3) ISO9000審査員    4) ISO114000審査員
協力希望業務:
A. 企業技術開発支援(化学プロセス、触媒)
B. 中小企業コンサルティング(有害物質処理、開発)
C. PL,クレーム保険の鑑定
D. 政府助成金技術開発の評価
E. ISO品質環境監査&セミナー講師
P-008 技術士(化学部門)。企業のエンジニアリング部門において化学、エネルギー、環境分野のプラントののエンジニアリング(計画、プロセス設計、開発、建設)に従事し多くの特許出願の経験がある。
新技術開発のコンサルティング、技術調査、エネルギー関連テーマの講演、政府、地方自治体への補助金の申請支援業務など。
P-011 在職中はプロジェクトマネージャーとして複雑な化学プラントや石油装置の企画、新設、改造、補修工事に従事してきました。
一つの仕事には、分野の異なる設計、分野の異なる工事が複雑に絡み合い、その統制をとることが大切です。この調整、いわゆるプロジェクトマネージメントの基本は全体の調和を図ることであり、そこでは物以上に人が大切な役目をします。仕事の上下関係は人の上下関係とはまったく無関係です。それぞれの相手の立場と気持ちを理解しながら誠実に進めることが大切で、自分自身はそのように対応しています。科学万能の時代であると奢ることなく、謙虚に自身の知識を次世代へ引き継いでいきたいと願っています。
ガス化学、石炭化学のプロセス検討・評価、設備改善、保全計画などを得意とします。
また、海外へ調査、あるいは海外へプロセスを売り込むお手伝いもできます。
P-016  
P-019 1. 粉体処理技術(粉砕、分級、造粒、ブリケッティング、乾燥、濾過など)の設備計画、設計、製造、運転、経済評価業務について、40年の実績をもっている。各種産業における粉体プロセスの計画、改善、評価などのコンサルティングを行う。最近のサブミクロン領域におけるメカノケミストリによる複合素材製造技術も保有している。
2. 石炭燃焼にともなう酸性雨対策、CO2削減対策などについての調査研究、開発、実証を行っている。開発したプロセスには、コールカットリッジシステム(CCS)、バイオマス・石炭複合ブリケットなどがあり、省エネルギー、地球温室化ガス削減技術の開発、調査などの実施、或いはコンサルティングを行う。
P-021 高分子製造プロセスについて装置の開発から技術の改良まで国内外で幅広く活躍した。技術開発、生産管理、作業改善、合理化、環境問題、教育など技術、生産の多くの分野を経験し、実務を通して多くのことを学び、実践してきた。
今後は、過去に経験した技術に関連する事項のみならず、新しいテーマについても研鑽し、多くの人々と共に考え、経験した知識をもとに知恵を出し、些細なことでも世の人々に貢献したい
P-022 日本の化学工業発展期に、45年に渉り化学企業で多くのの経験を積む事ができた。
最初の10年は新プロセス開発、次の10年は工業化と製造技術の実務を主体に経験し、更にその後は管理者として新規開発、生産合理化、環境対策等の立案推進と具体化に従事。最終的に企業経営の立場から多くの建設やプロジェクトを完成できた。
小生の経験は、石油化学製品、ポリマー分野が長いが、比較的浅く広い。自社技術開発と製造現場経験が長いので、沢山の難しい問題に遭遇し、これを解決する事で技術の幅を広げられた様に思う。多くの経験をこのまま凍結するのは勿体ないので、機会が得られれば何等かの形での「技術の伝承」を試みたい。技術的な失敗の経験も多いが、これも「貴重な財産」であろう。失敗は成功の母である。
P-023  
P-024 経歴:
 東レ(株)において研究-開発-工場建設-生産管理の過程を何回か繰り返し、カプロラクタム、シクロヘキサン、パラキシレン、テレフタル酸ジメチル、インターフェロン、ポリアセタールのプロセス開発にすべて成功し工業化を果した。化学工学会、日本化学会、石油学会、日本化学工業協会、大河内賞を受賞した。また、合弁会社の社長の経験から、会社経営についても判断が可能である。欧米において研究システムのヒヤリングを行い、日本のそれと比較し、レポートとして提出した。
協力希望業務:
 研究開発の指導を最も得意とします。また、生産現場の管理において問題点の摘出と解決方向の指示が可能です。英語での技術討論は、技術内容も含めお手伝いできます。
P-025 機能化学、石油化学、医薬製造、樹脂加工などの分野で工場設計、設備管理、運転管理等の経験があり、主として現場改善、安全設計、コスト削減の助言ができる。TPM活動の指導。保全教育に関する経験が長い。
色々なプロセスで必要となる「濾過」に関して、金属濾材を中心にあらゆるタイプの濾材を駆使した分離システムの設計やコンサルタント。
事業所や工場全体のムダの排除、改善の活性化、コスト削減の着眼点等の助言。
P-030 1.経歴:東京工業大学大学院修士課程化学工学専攻卒。
2.職歴:繊維、化学会社(8年)、石油化学モノマー製造プロセスのプロセス開発、設計、建設、試運転、トラブルシューティング。機械系エンジニアリング゙会社(24年)、石油、ガス、石油化学、産業機械、環境設備分野における、技術開発及びエンジニアリング゙業務(プロセス設計及び営業)
3.実績:国内及び旧ソ連、東欧圏、中近東において、石油、ガス、石油化学、産業機械、環境設備分野の技術開発を伴う各種提案型プロジェクトの受注及びその遂行。
4.資格:技術士(化学部門)、高圧ガス製造保安(甲種化学)、危険物取扱(甲種全類)
5.協力希望業務:海外/各種プラントの試運転指導を含めたエンジニアリング業務。国内/中小企業の各種技術開発における、公的資金の手配を含めた技術指導。
P-034 -プロセスプラントの装置材料技術開発と、材料選択、装置製作・据付け、メンテナンスなどで発生する諸問題処理の実務に従事した経験を活かしたい。特に、腐食・防食に関しては自信がある(工学博士論文:金属材料の流動腐食に関する研究)。
-エンジニアリング企業の技術開発を統括した経験を活かし、研究開発の企画、遂行指導、成果活用関連のコンサルタントを希望する。
-全国の大学で非常勤講師を引受け、プロセス設計、装置材料、技術開発、技術経営などの講義を担当しているので、企業内教育にも興味を持っている。
P-036 大学では化学専攻でしたので、一応専門は化学ということになりますが、長年エンジニアリング会社に在籍し研究開発を担当したため、むしろエンジニアリング的な手法が専門ということになります。
最初の10年間に手がけたエチレンのオキシクロリネーション用流動触媒の工業化研究で得られた技術(研究)開発手法が、後々長く役立っております。
その後、長期間、未利用バイオマスからのエタノール生産に関する研究開発を行い、このときにバイオマスのことを勉強しました。当時、まだ地球温暖化の主要原因である炭酸ガスの問題は注目されておりませんでしたが、バイオマス研究のおかげで、微細藻類による炭酸ガス固定化の研究開発に参加することができました。最後は、排煙脱硫の仕事を小試験からパイロット、実用プラントまで手がけ成功裏に終わることができました。
現在は、排煙脱硫のコンサルティング、および環境やバイオに関する技術評価などを手がけております。
P-037  
P-038 化学・環境・地球温暖化防止関係のプロセス、装置、機器の設計・調査・企画・評価
P-039 大手化学会社に30年間在職。20年間を、工場の技術スタッフとして自社開発プロセスの企業化に従事。後半10年間を、全社対応スタッフとして省エネ、コストダウン等の推進に従事。
農薬原料、アミノ酸、有機中間体、キレート剤等のファインケミカルプロセスの自社開開発、およびプロセス改善に於いてプロセスエンジニア、プロジェクトマネージャーを経験。要求される機能をシンプルに実現するプロセスの構築をモットーとし、熱力学・移動論・反応工学等の基本的現象の理解の上に現場操作性・安全環境を考慮した装置設計、機種選定、遊休設備の有効利用、試運転・トラブルシューティングを数多く経験。
ファインケミカルプロセスのプロセス設計(開発プロセスの構築、物質・熱収支、機器化工設計等)、プロセス改善(生産性向上、安全・環境対策、コストダウン、品質向上、省エネ)、トラブルシューティング(トラブル要因の解明と対策検討)での協力を希望します。
P-040 有毒ガス・高圧ガスを扱う化学合成プラント建設の担当を機会に、本格的に安全工学を研修するため、横浜国立大学に留学、併せて粉じん爆発の研究を行い、後、社内に安全工学室を設置し、化学プラント安全の工学的検討、事故原因調査に約25年従事しました。
「安全工学」誌編集委員、化学工学協会:化学プラント安全対策委員等もつとめました。化学プラントの爆発・火災防止対策、特に、粉じん爆発対策を得意とします。
労働安全コンサルタントおよび労働衛生コンサルタントの資格を取得し、事務所を開設。労働安全・衛生関連の問題に、プロとしてアドバイスできます。
インドネシア駐在約7年、現地でのプラント建設を担当。海外、特に東南アジア方面のプラント建設、設備調達等の支援可能。インドネシア語、中国語できます。
P-045 化学プロセスでの吸収ヒートポンプを活かした熱回収、熱利用システム コージェネレーションでは、排熱回収、熱利用システム エンジニアリング振興協会のエネルギー・環境研究部会に参加 日本コージェネレーションセンターの標準化委員会のWGに参加
P-047 システム・エンジニアリングの技術を計画、設計、運用にかかわる問題解決に広く適用する。対象を生産系システム、社会系システムに関わるエネルギー、安全、環境、制御、情報の観点から扱う。これらに関わる問題の抽出、問題の構造化、定性的・定量的分析、問題解決の提案をおこなう。必要に応じてコンピュータ・シミュレーション等による解析をおこない、対象の特性分析、対策の定量的効果を検討し解決に役立てる。
P-052 化学会社のエンジニアリング部門に長く在籍し、設備計画、プロセス設計、プラント設計・建設、設備管理など幅広い範囲の業務を遂行してきました。また、設備投資計画立案・審査、予算管理などの業務も行いました。この間、省資源、省エネルギーや環境面からのプロセスやプラントの見直しを行い、数々の改善を行うと共に、環境技術の研究開発を行い、実用化・事業化を果たしました。
これらの経験から、環境分野での問題解決を中心に、新たな工場の再構築のための支援・協力ができればと思います。
[環境分野保有資格] 公害防止管理者(大気第1種、水質第1種、騒音) 廃棄物処理施設技術管理者(し尿、ごみ、産業廃棄物焼却) 環境カウンセラー(事業者部門)など
[環境分野所属団体] 埼玉環境カウンセラー協会 彩の国環境大学修了生の会など
P-053  
P-064 ◇略歴:応用化学専攻(修士)。国内エンジニアリング会社で海外の新規顧客開拓・折衝・受注後のプロジェクトスポンサー等経験。定年(64歳)後6年間、日米合弁の液晶パネル製造装置メーカー(Applied Komatsu, 現Applied Materials)の常勤監査役。現場サービスマンの安全確保に注力。
◇所属学会: AIChE上級会員(50年会員, emeritus)。CCPSのDirectorとは、2000年代初期米国在住の友人を介して接触、2005/6年頃 Process Safety Beacon(PSB)の和訳者推薦を依頼され、SCE-Net安全研究会を紹介。その実績に基づき2015年「事例に学ぶ化学プロセス安全」を安全研究会とCCPSの共著書出版を実現。
◇ Engineering関係実績: 日本国外の顧客向けgrassroots plants(例: 米国本土(Hercules, Exxon等)、中米(PEMEX), サウジ(PETROKEMYA)、東欧諸国向けプロジェクトで計画設計から折衝・契約・引渡しまでの総括管理を経験。
◇辞書・テキスト・参考書等技術英語・契約英語に関する著作・寄稿多数(主な例:英和和英産業技術用語辞典(研究社)、日英西技術用語辞典(研究社)、日本能率協会通信教育テキスト「わかりやすい英文技術文書の書き方コース」は1998~2013年使用)
協力希望業務:
◇社内の(標準化・安全を含む)管理体制の検討、監査、改善等
◇海外とのビジネス、協力関係確立のための調査検討・プレゼンテーション等の準備
◇エンジニアの語学力、文書作成能力向上のための教育指導
 
P-082 1967年~2000年の間、総合化学会社に勤務。前半の工場勤務時は化学工学技術者として工程の設計、能力アップ、品質向上、コストダウンのための工程改良、環境負荷軽減対策、安全管理に取り組んできた。後半の生産技術センター勤務時は社内からの技術検討依頼を受け、時には工場に出向いて担当者と協力し、各種技術課題の解決、工程改良などを実施してきた。これらの経験を今後も活かしたい。
総合化学会社退職後はISOコンサルタント会社に3年間勤め、多くの企業に対してISO14001の環境マネジメントシステム構築及び認証取得の支援を実施してきた。その後も個人業としてISO14001コンサルテイング業を継続。
更にエコアクション21(環境省作成の環境マネジメントシステム)の審査人資格も取って、コンサルタント業及び審査業務を実施中。
SCE・Net・環境経営研究会及び安全研究会での研究成果をコンサルタント業に活かしたいとも考えている。
P-084  
P-085 1965年に化学工学の修士課程を修了。化学系企業に於いて化学工学技術者としてプロセス開発および設計、工場試運転に携わった。また生産現場の管理職としての経験もある。具体的には合成繊維素原料ならびにバイオ医薬インターフェロン生産プロセスの開発で成果を上げた。医薬品生産の経験を通して品質保証システム、GMPに関する知見もある。取得資格は甲種危険物取扱者、高圧ガス製造保安責任者(甲種化学、甲種機械)、技術士(化学装置)。
2004年に企業を離れ、お茶の水女子大学で同学の科学技術振興調整費事業「化学・生物総合管理の再教育講座」の事務局を務め、公開講座運営のノウハウを取得、2009年からは化学工学会SCE・Netを拠点に社会人向け公開講座開講に注力し、現在にいたっている。
P-087 研究所でフッ素樹脂の開発に取り組み、モノマー製造プロセス・新規フッ素ポリマー製造プロセス開発に成功し、プロセス設計・建設・製造運転を行った。更に、フッ素樹脂の技術導入に当たり、基本設計作成チームのリエイゾンとして派遣され、本プラント設計・建設を行い、その後工場長として製造責任を担った。
資格:
第1種放射線取扱主任者
高圧ガス作業主任者   甲種化学   甲種機械
危険物取扱主任者(甲種)
公害防止管理者   大気関係第1種   水質関係第1種
作業環境測定士
衛生管理者
P-089 学術博士、東京農工大副学長。経済産業省技術審議官、製造産業局次長等を歴任。
専門分野は化学物質総合管理学、社会技術革新学。
技術・産業と生活・社会の相互作用に関して明らかにしつつ、化学物質管理(技術管理)の円滑化と技術革新に対する理解の促進に寄与したい。
P-090 化学会社、エンジニアリング会社に勤務して、石油化学系、ガス化技術、エネルギ-関連などの新技術開発、工業化を担当した。最後に子会社を設立してコンサルテイング業務を実施した。また、定年後環境・技術などの指導、ISO・EA21などの審査や省エネ診断と共に東京都、千葉県の中小企業の経営診断、融資返済力診断(設備近代化資金、設備貸与)に対する企業診断も実施した。子会社では常務取締役として、営業活動と共に触媒開発、鏡面研磨、管理技術などの技術面も担当した。環境、省エネ、技術などの指導、診断は海外でも実施した。資格:技術士(化学、総合技術監理)、エネルギ-管理士、高圧ガス作業主任者(甲種化学)、危険物取扱主任者(甲種)、公害防止管理者(大気1種、水質1種、騒音)、経営効率管理者、業務監査士。
P-92  
P-93  
P-94  
P-098 石油化学に従事する技術者として、(基礎研究と営業以外の)研究開発から経営全ての職務を経験しており、石油化学の特定のことのみならず技術管理、技術経営全般について対応可能である。スペシャリストというよりジェネラリストしての経歴を積み、ポリマー関係の業務についた期間が長いのとそのプラントの設計には幾つか従事したので、そこにはスペシャリティはあると思うが、あくまでジェネラルのほうが強いと思う
P-099  
P-101 工場プラントのプロセス改善、プロセス設計、蒸留・反応シミュレーション、機能ポリマーの設計及びプロセッシング、省エネルギ―を目指す熱力学の応用。
P-104 無機材料工学専攻、工学博士。
セメント会社に勤務経験、主として研究開発業務およびその管理に従事していたが、セメント・耐火物原料・セラミック複合材料の生産管理も経験している。また、大学非常勤講師の経験あり。
所有資格:
 環境計量士、エネルギー管理士(熱管理)、 公害管理士(大気第1種・水質第1種・騒音)、甲種危険物取扱者、エックス線作業主任者、高等学校1級教員免許(理科・工業)。
P-106  
P-110  
P-113 特殊ステンレス鋳鋼,耐熱鋳鋼,耐磨耗鋳鋼メーカーで設計,製造,設備,特殊検査&調査,材料開発,営業開発,市場開発等技術部門を中心に47年間担当&管理,会社経営。
石油化学部門:エチレンプラント,塩ビプラント,水素製造プラント,スチレンモノマー、
アンモニアプラント用-耐高温使用の配管部品の材質選定,メンテナンス状の問題。
遠心分離機:「下水汚泥,肥料,食品,化学,排煙脱硫装置等」用デカンターの特殊ステンレス
料の最適選定や複合処理技術について。
船舶用機器:耐海水材質として二相ステンレス鋼や特殊材質の隙間腐食問題等について。
紙・パルプ機械部品;リフアイニング用刃物やその他磨耗部材,漂白や腐食の問題点についての調査や検討。
公害対策施設:燃焼炉装置や排煙脱硫装置用部品の高温損傷や調査,適材の選定。
P-115  
P-117  
P-119 エンジニアリング業界、触媒業界にて、前半は技術開発主体に活動。
後半は営業活動、および経営計画を含む経営管理活動。
特に、触媒関連(固体触媒の開発、製造技術、触媒反応、および反応工学)に豊富な経験あり、協力可能。
なお、経営管理関連ではケースバイケースで協力可能。
P-120 パイロットプラントから基本設計までの管理業務に精通
データ解析、モデリング、シミュレーションに精通
ソリューション営業および営業管理に精通
P-125 1.経歴・職歴・実績  大手化学メーカー及び大手商社における業務実績を以下に記述。
(1) プロジェクトマネジャー業務: 国内合成樹脂プラントの設計、建設、運転、管理まですべて
(2) 海外業務: 化学プラント用触媒の海外メーカーへの販売、米国&アジアへの技術輸出契約、技術移転&フォロー、海外との合弁計画調査企画、管理業務。
(3) 技術開発業務: 国内樹脂製造ラボ触媒開発からプラント建設までの技術開発担当。
(4) 市場開発業務: 樹脂材料の開発販売及び部品メーカーのサポート(対トヨタ、ホンダなど)
2.資格など  高圧ガス(甲)、危険物(甲)、公害防止管理(水質)、シスアド、海外経験豊富、リスク研究学会会員、失敗学会会員。
3.協力希望業務  アジアなどの海外企業との提携&合弁業務(技術導入輸出契約含む)、災害事故リスク又は失敗事例の研究調査業務、化学品プロジェクト推進アドバイス業務。
P-127  
P-128  
P-130 長年、石油残渣油のガス化や分解プロセスの開発、水素や合成ガスの製造プロセス開発、メタノールリアクターの開発に従事。これらの開発研究は、実験手法や反応機器の開発がポイントとなったものが多く、触媒の開発・評価法、高温・高圧用実験装置(ベンチプラントからパイロット規模まで)の計画・設計、運転結果の解析・評価法にも多くの工夫を積み重ねきました。
これらの経験をもとに、4大学において約20年間非常勤講師を勤めた。   資格等:高圧ガス取扱い(甲)、危険物取扱(甲)、博士(工学)。
P-132  
P-135 主に、食品企業における環境保全、環境管理
環境グループにおいて何らかの貢献ができればと考えている。
P-137 1968年3月東京大学工学部化学工学科卒業
1968年4月富士写真フイルム株式会社足柄工場入社、以後30年間各種記録材料の仕込み、調液、塗布、乾燥、加工ラインの独自生産技術開発、実用化研究及び生産設備建設、立ち上げ業務に従事。感光材料、磁気記録材料、情報記録紙、フォトレジスト、プラスチックフィルム、紙・パルプなどの生産技術開発が専門。海外術ライセンシー(15社、10か国)への技術移転業務経験をベースにした技術コンサルティング業を2015年より独立開業。技術士(化学部門)
P-139  
P-141 重工業の企業に約35年勤務し、主に各種プラントの技術評価・設計指針他に携わってきました。具体的には、気ー固系流動装置の開発、CWMの性状評価、セメント焼成プラント(NSF)開発、微細藻類を用いたバイオリアクタによるCO2固定化技術開発、細胞培養によるユリの大量培養技術開発他で実績を残した。当勤務時代に、事業化計画の立案・企画に関与した。6年前からは、労働安全衛生分野の講義を約6回/月行っている。更には、某TLO企業で主にサポイン事業のプロジェクトマネージングを行っている。
資格は工学博士
P-142 技術立社を標榜する企業に入社し、原油分解やアスファルト分解などの大型プロセス
の開発と、企業化を担当し、大変有意義な会社人生を送ることが出来ました。
後半は、管理の立場で、新製品開発、新技術開発に携わりましたが、いまだに新製品の開発に関しては、技術面からの議論を、若い研究者と交わすのが、うれしくてたまりません。
日本は、物造り立国であることは論を俟ちませんが、事業としてグローバルに戦ってゆくには、情熱に加え、戦略が必要です。物造り立社に拘っている方や、会社のお手伝いが出来れば、幸いと考えています。多岐に亘る分野の製品を手がけてきましたので、この経験を役立てていただきたく、SCE・NETの会員に応募いたしました。
趣味はゴルフ、蕎麦打ち(年季8年)で、オジン臭いものですが、いずれもこれでよしというレベルに、達しないところが魅力です。
P-143 化学プラントの生産管理・安全管理・製造技術改善、新設備試運転業務等生産にかかる業務、設備プロセスデザイン設計、プロジェクトエンジニアリング等設備建設に関する業務、研究管理、高分子開発等の研究開発業務、事業企画経営企画等の企画業務のほか、海外における事業提携・企業買収、技術移転等の業務や会社経営・監査等幅広い経験があり、主な実績としては各種国内プラント建設、海外建設プロジェクト(化学プラント、樹脂プラント)推進、樹脂プラント技術移転推進、売国企業買収買収推進、中小企業経営再建等があります。現場で必要な高圧ガス、危険物、環境、放射線等各種資格も保有しており、生産や安全管理から企画まで協力させて頂きたいと思っております。
P-148 日本にて従業員が協力会社を含めて2,000人近くの大工場および30人強の小さいファインケミカル工場、中国にて200人弱のファインケミカル工場での現場管理(生産、安全衛生、品質保証等)を経験した。この経験と実績をもとに、特に現場の安全管理とバッチ反応が主体の有機合成プロセスの運転管理については有益な助言を提供できる。また、大手ソーダ会社の開発担当者時代には、有機塩素化プロセスおよび有機フッ素化プロセスの開発研究と工業化、イオン交換膜食塩電解槽の工業化等の実績があり、工場のプロセス改善にも数多く携わった。その後も特にプロセス合理化・コスト低減に関与し続けてきたのでこの分野でも協力できる。
P-150 約46年間プロセスプラントの設計・建設・開発等をやってきたものとして、楽しく、多少自分の勉強になり、何かのお役にたつことができればと考えます。
P-151 経歴:学卒
職歴:石油化学会社
実績:運転保全・プラント設計・建設・安全管理の業務経験
協力希望業務:転保全・プラント設計・建設・安全管理の業務
P-152  
P-153  
P-155 エネルギー設備(ガス・電気・冷暖房)建設にかかる、FS・基本設計・環境アセスメント・詳細設計・試運転等の一連の業務すべてを経験した。また、現場における、生産管理・運転管理・エネルギー管理・環境管理も経験した。加えて、海外(東南アジア・中国)におけるエネルギー設備計画のプロジェクトマネージャーの経験(約6年間)がある。資格は、エネルギー管理士・計量士・環境計量士・高圧ガス保安主任者(甲種化学・冷凍一種)・公害防止管理者(全種)・甲種ガス主任者・甲種危険物主任者等を取得。
P-157 石川島播磨重工業、東京電力の研究所に勤務した。主な実績は以下の通り。
① 化学プラントの金属材料の損傷解析と対策
② エネルギー・環境プラントの金属材料の損傷解析と対策
③ 火力発電プラントボイラ管の損傷解析技術
④ ステンレス鋼の腐食損傷に関する解析技術
⑤ 炭素鋼、合金鋼、非鉄材料の腐食損傷に関する解析技術
P-159  
P-160 荏原インフィルコ(株)(現在荏原製作所)入社後、最初は東京大学応用微生物研究所の研究生となり生物工学研究で水処理微生物の基礎を蓄えた。その後、下水処理、排水処理、し尿処理の研究、技術開発に関わり、、米国インフィルコ社との技術交流員として米国で表面ばっ気措置ボルテエアレータの開発も行った。次に下水処理、排水処理、し尿処理などの設備設計業務に携わり国内外に多数の設備の設計納入をしてきた。水処理、汚泥処理、脱臭などの技術開発と設備設計業務を双方向で実行し得る。博士学位と技術士資格を持つ経験豊富なプロフェッショナルエンジニアである。排水処理の余剰汚泥削減や汚泥の農業利用に取り組んでいる。最近、環境・健康改善の特効剤「腐植土・フルボ酸」の基礎と応用著作発刊して健康と地球環境に寄与する業務を推進したいと考えている。
「においかおり環境協会」から植質脱臭剤の開発で技術賞、脱臭対策アドバイザー制度創設への尽力で功労賞を受賞している。
P-162  
P-163 現在も30年以上お厄介になったエンジ会社に継続して籍を置き、業務へ協力を続けています。余裕も出てきましたので、エンジ専業会社での石油、ガスなどのプラントの計画、基本設計、プロジェクト遂行を行った経験を生かして、今後協力できる事があれば、お手伝いなどしたいと考えています。
P-164 大学で化学工学を専攻し、エンジニアリング企業で化学プラントのプロセス設計、ついで管理職として主に国内・国外の石油精製工場のフィージビリティスタディ/基本計画、さらに技術企画業務に従事した。ついで、当該企業を退職後、私立商科大学経営情報学部で生産システム/情報システムを講義した。この間、出身大学から「生産システムの計画と設計」をテーマに博士(工学)の学位を取得した。さらに、その後国立大学工学研究科に籍を置いて研究を続けた。この企業/大学を通じて、生産システムあるいは情報システムのシステム設計およびその経済性評価をテーマに研究してきた。主な著書として、プロセスシステム設計をテーマにしたもの(共著)と、省エネルギーをテーマにした世界銀行経済開発研究所の教材がある。今後もプロセスシステムに加えビジネスシステムについて研究活動を続けていく所存である。
P-165  
P-166 1.クウェート アラビア石油カフジ製油所建設 PJ-ENG,約2年
2.オランダハーグビンツルLNGPJの技術打合(約3回)オーストラリアLNG
  PJのスケジュール作成(ケロッグ、レイモンドと共同)
3.アメリカ、ヒューストン ビンツルLNGPJ,オーストラリアLNGPJ計画検討
  中国福建製油所拡張工事のプロポーザル作成 - ケロッグと共同 (約7回)
4.フランス、パリー ナイジェリア製油所建設PJの共同作業、メンテナンス工事の計画打合せ (スピーバチニョウル、ドラトラベゾン、その他)
5.ナイジェリア ラゴス・ポートハーコート、製油所建設、メンテナンス工事
  約15年間 60回以上往復 8か月駐在もした。
6.中国 北京 シノペックと技術打合せ (約5回)
7.中国 蘇州 薬剤工場建設 ( 約15回 )
8.中国 金山 冷凍LPG受け入れ工事 (約2.5年間駐在)
9.シンガポール ・ナイジェリア製品出荷設備の打合せ
10.インドネシア 冷凍LPGの改造計画の検討(三菱商事の依頼で)
語学力:
1. 英語:PJ業務遂行時の読み書き、会話は可能。
2. 中国語:日常の簡単な会話、現在ブラシュアップ中
P-167 第一種放射線取扱主任者 試験合格 (第I-5883号)
高圧ガス製造保安責任者 甲種化学合格
公害防止主任管理者
作業環境測定士 第一種
エネルギー管理士(熱)
環境計量士(濃度)
P-168 電力会社で原子力発電所の計画、設計、技術開発、品質保証などの業務に長年携わってきました。また、発電所の運転・保修の経験も有しています。SCE・Netにおいては、原子力の安全性に関る説明・解説などの業務において貢献できると考えています。
P-169 講師自身が現役の技術者・研究者です。
技術は理性。感情と相容れないように感じますが、困難な課題に直面した際に、ストレスを抱えて嫌々取り組む姿勢が、意欲をもって喜んで取り組めるようになるなど短期間で大きな利点をもたらします。また、ラポール(開かれた会話)を用いた説明方法により、提案をスムーズに受け入れてもらえるようになります。
技術士司会、一般企業(技術・研究職)で実習を取り入れた講演の開催、カウンセリング手法を用いた技術課題の解決を行っています。
P-170 入社して約30年間デカンター型遠心分離機の設計に従事し、この間、下水処理、医薬、食品、石油化学、一般産業向けなどの分野で勉強させて戴き、用途に応じた機械の開発にも携わって参りました。遠心分離に関しては学問的な面よりは実際の用途に即した仕事をしてまいりましたので分離が上手くいかない等の問題があれば解決に協力出来るかもしれないと思っております。現在は同業の企業で技術顧問として仕事させて戴いておりますので新たな用途開発などのお話があればご協力も出来ると思っております。
P-171 大学及び大学院では化学工学を専攻し、化学会社入社後はプロセス設計、技術開発、生産改善、プラント建設や運転管理の業務に携わってきた。海外勤務の経験もある。
資格は高圧ガス製造保安責任者(甲種化学)、公害防止管理者(大気1種、水質1種)、危険物取扱者(甲種)を持っている。
P-172 原子炉の炉心設計と遮蔽設計を40年にわたり企業内の技術者として担当してきました。その結果として、放射線(中性子、ガンマ線)の輸送解析や放射線源の移行挙動評価に習熟しております。また、後半の20年間には、原子炉設計の応用として放射線利用技術の開発研究にも従事してきております。更に、ここ10年間ほどは品質保証等総合技術監理業務に携わっております。
P-173 若手時代は設備エンジニアリングと資材購買を中心に、計画の上流側から下流側まで、かつ関係部署は事業責任者から、研究者、現場担当者まで関係しつつ要請を把握してまとめてきている。40代以降はカネカ以外の案件もプロジェクトマネジャーあるいはエンジニアリングマネジャーとして多数経験しており彼我の文化の違いを乗越えて要請を把握して まとめてきている。何より海外経験の豊富さ(建設や技術輸出などで12ケ国)、エンジニアリングと資材調達業務について実務とマネージングを経験し、異文化対応力とストレス耐性が優れている。今後は出来れば拙い知識であるが、若手の人への技術伝承に努めたい。
P-174 重工業プラントメーカにて入社以来、約40年間一貫して環境分野での研究、開発業務に携わってきました。その間、廃棄物処理技術、有害ガス処理等の環境浄化技術についての研究、装置開発を手掛け多くの製品を提供することが出来ました。昨年、65歳到達を機に退職いたしましたが、これまでに培ってきた経験、体験等がこれから環境分野での業務を目指す方々のお役にたてればこの上ない喜びです。
P-175 東京大学工学部工業化学科、同工系大学院修士課程修了、 1970年昭和電工(株)入社 、千鳥工場技術部配属(主としてアクリロニトリルプラント)、川崎工場製造課長、技術部主幹(主として汎用フロン、代替フロン、半導体用ガスプラント)本社ガス開発部主幹、中部ケミカル(株)取締役所長、昭和高分子(株)伊勢崎工場副工場長、2006年定年退職、その後契約社員として勤務、2012年11月退職、
資格は高圧ガス(甲種化学)、第一種公害防止管理者(水質、大気)、作業環境測定士(特化則、有機溶媒、粉じん)
生産改善、技術開発、シミュレイション、教育・講演等が経験分野、協力希望業務は、 ① プロセスの技術調査と基本プロセスフローの設計(文献、特許等を調査し、熱力学データ等と照合し、分離や除去プロセスを含めた基本フローの検討・設計)       ② 反応のデータ解析、反応機構の推定、機構に立脚した速度式の組立、プロセス適正化(既存の方法論よりも精密な方法論になっているのではと考えています。プロセスの適正化や触媒改善等への反映を期します)。
P-176 早稲田大学理工学部応用化学科卒、Drexel University 化学工学修士課程修了
エンジニアリング会社にてプロセス設計、システム開発などに従事、この間にマルチパーパスプラントについて研究し「化学装置」投稿
米国総合化学会社の日本法人にてプラント建設のプロジェクトマネージメント、社内向け業務改善コンサルティング、サプライチェーン・マネージメント、社外向け安全コンサルタントなどの業務に従事
2014年2月 「事故分析・コミュニケーション研究所」設立
現在 埼玉工業大学 非常勤講師 「化学工学」担当
詳しくはホームページをご覧ください。 http://www.incidentanalysis.jp/
P-177
①学歴:学士 & 博士(工学:いずれも化学工学)
②職歴:総合化学会社4年(工場スタッフ、中央研究所応用研究部)、大手専業エンジ30年(主としてアンモニア・水素・ガス化プラント、水素・炭酸ガス分離設備のプロセス設計、プロセス技術開発、その他国内事業本部(プロジェクト&技術営業),化学工学会事務局8年(産学連携、プラント展示会開催、受託業務事務局&支援、日本学術会議&官庁関連業務窓口)、東京農工大学6年(特任教授、非常勤講師歴任:化学工学・エンジニアリング関連・技術者倫理)
③実績(技術):プラントプロセス設計・技術交渉・プラント引き渡し、プロセス技術開発工業化試験と事業化(水素PSA)、工業化大型実証試験(重質油ガス化プラント)
④協力希望業務: 技術調査・評価、技術コンサル・アドバイス・支援、F/S支援、人材育成・インターンシップ支援・産学連携、受託業務支援など)
P-178 日本のアルミニウム製錬産業はオイルショックにより壊滅したが,その原料アルミナ製造技術は製品の高度化によりアルミナ,水酸化アルミニウム,活性アルミナをエレクトロニクス,自動車,鉄鋼,上下水道,化学などの基礎素材として,またそこで培われた技術は無機材料粉体,成形体として展開し,世界の産業に貢献している。私は,ボーキサイトからアルミナを製造・環境改善技術開発に取り組み,化学工学では蒸留を除くすべての単位操作を実地に経験(住友化学,(豪)CSIRO:開発⇒プラント建設)してきた。これら技術は日本の現在の産業観からはlow techに属するかもしれないが,鉱物資源の有効な加工技術は日本の産業にとって将来にわたっても重要なものと考える。関連技術は発展途上国へのアルミナのみならず技術協力,技術指導など貢献できると考える。また,粉体の付加価値技術についても,上記過程で多くの経験を持ち,有効と考える。
P-179  
P-180  
P-181  
P-182  
P-183  
P-184  
P-185  
P-186  
P-187  
P-188 京都大学大学院修士課程修了(1974)  写真材料製造メーカー勤務後退職 多層塗布の設備、工程技術開発、高速塗布方法の開発実用化、塗布用ダイの形状設計、海外塗布プラントの建設プロジェクトまとめ。ミネソタ大学にリサーチフェローとして留学し塗布欠陥のメカニズム解析のモデルを提案(1982)。米国工場に駐在しその間製造安定化及び塗布型新製品開発に従事。(20002〜008)フェロー就任後親疎水パターニングの基礎研究に従事。化学工学会塗布技術研究会代表世話人(1986-1994) 化学工学会、高分子学会、写真学会、AIChE、国際塗布科学技術シンポジウム、国際フレキシブルプリンテッドエレクトロニクス会議など社外発表42件。特許多数。著書:”Liquid Film Coating”Ch.11c Curtain Coating Chapman & Hall(1997)など。現在、民間の技術セミナー講師で”ダイ塗布の基礎と欠陥発生メカニズム”を講演している。
P-189  
P-190  
P-191  1.経歴・実績: 大学、大学院にて機械工学及び化学工学を専攻。 石油会社(日本鉱業、現JXエネルギー)にて約35年間、研究所、工場、海外、本社にて、プロセス開発、改良、プラント建設、操業管理、企画、海外技術移転等に従事した。その後大手商社の技術アドヴァイザーとして海外プロプロジェクト評価、進展に関与した。
2.協力希望業務:①炭化水素転換反応、触媒プロセスの構築、改良 ②同分離プロセスの構築、改良 ➂スケールアップ ④化学工場のリスク対策 ⑤最適化と収益力対策 ⑥新規プロジェクト評価 ⑦海外ライセンス評価と交渉 ⑧海外工場新設支援 (ベトナム、インドネシア、タイ国、中東、南米等)                                       3.資格: 工学博士、技術士(化学部門)登録 番号 47351
危険物取扱主任者(甲種), 高圧ガス作業主任者(甲種機械,甲種化学), 熱管理士
公害防止管理者(水質1種), 放射線取扱主任者(第1種,第2種)                       
P-192  
P-193  
P-194 ①学歴:学士、京都大学工学部化学工学科 & 博士The university of washington、Ph.D Chemical Engineering ②職歴:The Dow Chemical Company 32年(製造、プロセスコントロール、プロセス開発、工場設計建設、環境安全ディレクター、製造本部長歴任)、直接かかわったプロセス(主としてウレタン、エポキシなど),キャボットジャパン4年(環境安全、品質保証)、サムソン電子(韓国)環境安全技術顧問(1年)、名大、名工大、東工大、化学工学科非常勤講師歴任。 ③資格は高圧ガス(乙種機械)、公害防止管理者(水質二種)、危険物、産業廃棄物取扱技術主任など ④日本にて従業員が100人の工場およびビジネスマネージメント並びにアジア太平洋地域の20工場の安全管理を統括したこの経験と実績をもとに、特に現場の安全管理とプロセスセイフテー運転管理については海外を含め有益な助言を提供できる。
P-195  










アクセスカウンター

  • 119458総訪問者数:
  • 1今日の訪問者数:
  • 127昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
PAGETOP