エッセイ e-102 エッセイ「別れ」持田典秋