エッセイ e-107 「言葉の壁が崩壊しても」小松昭英