エッセイ e-117 「イランと石油と私」加藤恒一