エッセイ e-136「小谷 卓也さんを偲んで」牛山啓