SCE・Netは化学工学会の一組織です。SCE・Netの活動理念は社会貢献と自己実現です。シニアケミカルエンジニアの経験と知恵で、社会に貢献します。

SCE・Netの活動

活動方法

● Netを中心として集めた情報や委託された課題に基づいて、該当する問題を設定し、適切な会員に活躍していただきます。
● 個人としては活動に限界があると感ずる人はグループで活動することが出来ます。
● 現在活動しているグループには、安全・環境・エネルギー・装置材料・教育研究会がありますが、実施したいことがあれば、随時、グループを結成することが出来ます。
● グループ活動には、グループ内で研究をしながら外部への情報の発信、業務の受託も行う「研究会」活動と会員間の相互研鑽と情報交換に主体をおく「交流グループ」活動とがあります。どちらも、結成の目的、実施事項を各時点で明確にしながら、メンバーが協力して、しっかりと目標を達成していきます。
● また、受託業務などで、個人や既存の研究会、グループでは対応しがたい場合には「プロジェクト・チーム」を結成して対応していきます。

活動成果

 

全般 2000年 NEDOからの委託業務を受けました。
2002年 安全、環境、エネルギーなどの研究グループが発足し、技術懇談会も隔月に開催されるようになりました。
2003年 「進化する化学技術」を編集し出版しました。
 装置材料グループが発足しました。
2004年 教育研究会が発足し、お茶の水女子大学LWWC再教育講座の教材作製と講義を受託しました。
「図解 新エネルギーのすべて」を執筆、出版しました。
2006年 「環境白書」にSCE・Net活動が紹介されました。
2007年 「初めて学ぶ熱・エネルギー」を執筆、出版しました。
2009年 「社会人向け公開講座」が始まりました。
2011年 学会年会「化学産業技術フォーラム」に参加しました。
受けた相談
(代表例)
特殊法人 補助事業の技術評価。安全技術伝承の現状調査。
PRTR調査。
化学会社 ISO9002・14001取得指導。樹脂プラントの粉塵爆発対策。
安全対策の経済評価。手作業での原料計量のミス対策。
小規模工場の警備体制対策。省エネルギー診断指導。
発酵技術を用いた化成品の物質生産に関わる研究開発。
高粘度流体の混合操作。
ベンチャ企業 新抗菌型チタン粒子の調整技術。木酢液の製造と市場調査。
装置メーカ 食品ゴミのリサイクル技術・市場動向調査。
能動的な騒音防止法。社内LAN構築の指導。
微量成分の蒸留操作による分離技術。ガス爆発限界条件。
コンサルタント会社 清掃法改正の動向調査。クリーンルーム建設指導。
メッキ液の循環再利用システム構築アドバイス。
自主研究会・
グループの活動
環境研究会 環境に関するマイテーマの発表、震災後の共通課題の抽出。
装置材料研究会 装置材料部会と連携し情報交換、次世代への技術伝承の検討と実践。
安全研究会 ・AIChE「PSB」の邦訳、AIChEからメール配信(1回/月)。
・PSBに関連した「安全談話室」の作成。
・「安全常識警句集」の作成。
新・エネルギー研究会 ・エネルギー情報の共有化。
・震災後のエネルギー問題の提言。
教育研究会 ・技術教育現場の実態調査、課題の提出。
社会人向け公開講座 ・6科目78講座を実施中です。
技術懇談会 ・隔月に開催し、個人会員と法人会員を中心に講演会を開き、情報交換・研鑽をおこなっています。講演会後に懇親会を開き、会員間の交流を図っています。
交流会 ・環境施設、原子力発電設備、製造設備などの見学会を行っています。










アクセスカウンター

  • 19014総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 22昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
PAGETOP