SCE・Netは化学工学会の一組織です。SCE・Netの活動理念は社会貢献と自己実現です。シニアケミカルエンジニアの経験と知恵で、社会に貢献します。

化学工学入門講座 

<第7回化学工学入門講座>

企業で生産あるいは技術開発などに従事されて、業務上化学工学の知識や考え方が必要であるにも拘わらず、大学等で化学工学を学んで来なかった、あるいは十分に学べなかった初心技術者を対象にしております。化学工学の基礎的な考え方や実用的な計算を身につけていただくことを目的に開講致します。講師は、企業で技術開発を担ってきた化学工学会SCE.Netに所属するベテラン化学工学技術者が当たり、自らの実務経験を反映させた分かり易い講義となっております。

2020年の講座は6月頃に開講予定です。

<講座の概要:2019年の講座

1)化学工学の基礎 (講師:福原 三郎 )(第1日午前)
 1.化学工学って何だろう
 2.化学工学計算の基礎
 3.計算では収支が大事
 4.気体の状態方程式
 5.プロセス制御

2)流体工学入門 (講師: 宮本 公明)(第1日午後)
   1.    流体工学の基本
    2.    レオロジー
    3.    層流と乱流
    4.    流れの基礎式
    5.    円管内の流れ
    6.    流れ系のエネルギー収支
    7.    管摩擦と圧力損失
    8.    機械的エネルギー
  9.    流れの計測

3)熱工学入門 (講師: 山本 一己)(第2日午前)
   1.伝熱の基礎
     2.伝導伝熱
    3.対流伝熱(強制対流伝熱、相変化を伴う伝熱)
    4.放射伝熱
    5.熱交換器 (総括伝熱係数、二重管式熱交換器、多管式熱交換器)
 6.撹拌槽の伝熱
 7.伝熱トピックス

4)反応工学入門 (講師:稲葉 正志)(第2日午後)
    1-1.  反応速度式とは
   1-2. 1次反応、2次反応の反応速度式
   1-3.  反応速度の温度変化
   1-4.  反応に伴うエンタルピー変化
   2-1.  反応器と反応操作
   2-2.  PFRの基礎式と導出法 

   2-3.  気固触媒反応器(発熱反応)
   2-4.  CSTRの基礎式と導出
   2-5.  多段CSTRの場合

5)分離工学Ⅰ(蒸留)入門 (講師: 竹内 亮)(第3日午前)
   1.気液平衡
       ・理想溶液と非理想溶液
      2.蒸留
      ・単蒸留
      ・フラッシュ蒸留
      ・蒸留塔
      ・マッケーブシール法
      ・還流比と理論段数の関係
      ・団効率
      ・蒸留塔の設計と運転

6)分離工学Ⅱ(膜分離他)入門(講師: 中尾 眞)(第3日午後) 
    1.膜分離とは
     1)膜分離の特徴
     2)分離対象と膜の種類    
    3)膜分離の基本原理   
 2.膜分離プロセスの原理と設計の考え方
     1)家庭用浄水器

     2)逆浸透膜による海水の淡水化
     3)ガス分離膜とその応用

<アーカイブ  講義資料詳細> 

*資料は会員のみ、専用ページから閲覧できます。











アクセスカウンター

  • 77147総訪問者数:
  • 112今日の訪問者数:
  • 56昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
PAGETOP