エッセイ e-103 「偶然の連鎖」小松昭英