エッセイ e-112 「『原子力講座』を聴講して」紫垣由城