SCE・Netは化学工学会の一組織です。SCE・Netの活動理念は社会貢献と自己実現です。シニアケミカルエンジニアの経験と知恵で、社会に貢献します。

[アルミナの製法と環境問題] 原戸 卓雄

<取組み期間>

アルミナの製造は私のライフワーク

<目的・狙い>

Sustainable societyの構築にアルミニウムは不可欠な素材である。そのアルミニウムの原料となるアルミナ産業がSustainable industryでなければならない。アルミナ産業の資源ボーキサイト,エネルギー,環境問題を考え,新しい技術,Sustainable refineryのあり方を提案していきたい。

<これまでの成果>

SCE-Net環境研究会ではアルミナ製造時の廃棄物「赤泥」問題を二回にわたり紹介した。

<関連文書>

私が比較的最近に研究指導した論文:
M. Kishida, T. Harato, C. Tokoro, S. Owada, “In situ remediation of bauxite residue by sulfuric acid leaching and bipolar-membrane electrodialysis.” Hydrometallurgy 170 (2017) 58-67.
(豪)CSIROによるアルミナ産業の資源問題,赤泥問題の総説:
P. Smith, “The processing of high silica bauxites – Review of existing and potential processes.” Hydrometallurgy 98 (2009) 162-176.
G. Power, M. Gräfe, C. Klaiberによる”Bauxite residue issues: I ~ IV”が現状の問題,赤泥用途開発,赤泥の高アルカリ性など化学的問題をレビューし,in situ residue remediationを提案している。 Hydrometallurgy 108 (2011) 11-32, 33-45, 45-59, 60-79.


研究会











アクセスカウンター

  • 86631総訪問者数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 46昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:

研究会

PAGETOP