SCE・Netは化学工学会の一組織です。SCE・Netの活動理念は社会貢献と自己実現です。シニアケミカルエンジニアの経験と知恵で、社会に貢献します。

放射能環境

<取組み期間>

2021年5月~連載記事掲載中

<目的・狙い>

 放射能や放射線に関わるいろいろな小論を,連載形式レポートで載せてゆきたいと思います.主な目的は,低線量放射線の健康影響ということについて,色々な角度から再考していただくために,事実に基づくデータや情報を共有してゆくことです.できるだけ身辺のテーマを取り上げ,簡潔な小論で取り組みたいと思っています.

<これまでの成果>

 連載を開始したばかりなので,成果は未だ少ないですが,だんだん低線量被ばくの影響の実例テーマに入って来ています.最初の表題としては「放射線の単位」から始めました.次には,かなり難しい放射線の特性についての解説「放射線を測るための放射線の特殊性」でした.続いて「放射線に関わる物理化学基礎」をやり,そして今,2021年10月現在では「ラドンによる内部被ばく問題」を特集しています.これが最初の低線量被ばくの実例です.

<掲載記事>

通しNo.  

掲載日

表題・テーマ

副題 著者
026

 21/10/1

補足資料 (1)

「参考レベル」,「追加線量被ばく1 mSv 」について

 郷 茂夫

025 21/9/29

ラドン (9)

床次先生の印象 と 国内のラドン立法化の動き

郷 茂夫
024 21/9/25

ラドン (8)

肺がんとの相関
郷 茂夫
023 21/9/25

ラドン (7)

世界各国の状況 郷 茂夫
022 21/10/1

ラドン (6)

ICRPによるラドンの取り扱い
郷 茂夫
021 21/9/25

ラドン (5)

UNSCEARによるラドンの取り扱い
郷 茂夫
020 21/9/20

ラドン (4)

世界と 日本におけるラドン濃度
郷 茂夫
019 21/9/20

ラドン (3)

子孫核種の物理的挙動(放射線濃度のメカニズム)
郷 茂夫
018 21/9/20 

ラドン (2)

ラドンと子孫核種の物理化学 郷 茂夫
 017 21/9/20

ラドンによる内部被ばく問題 (1)

概要,単位と用語
郷 茂夫 
016 21/9/3 物理化学基礎 (5) 放射線の用語と半減期公式 郷 茂夫
015 21/7/19

物理化学基礎 (4)

自然/人工放射性元素,原子について 郷 茂夫
014 21/7/19

物理化学基礎 (3)

放射線の種類と性質 郷 茂夫
013 21/7/19

物理化学基礎 (2)

壊変と放射線の放出  
012 21/7/19

放射線に関わる物理化学基礎  (1) 

核種と同位体  
011 21/7/14

放射線(8)

吸収線量  
010 21/6/25

放射線 (7)

空洞原理  
009 21/6/25

放射線 (6)

二次電子平衡  
008 21/6/5

放射線 (5)

阻止能  
007 21/6/25 放射線 (4) 電離箱の工夫  
006 21/5/31 放射線 (3) 相互作用  
005 21/5/31 放射線 (2) 前提的知識(続)  
004 21/5/31 放射線の特性   (1) 相互作用と吸収線量の理解のための前提的知識  
003 21/5/27 単位(3) 線量単位の組み立て―線量の全体を見る  
002 21/5/27 単位(2) 放射能 Bq 単位の組み立て  
001 21/5/25

放射線の単位 (1)

ご挨拶 と 放射線の歴史100年  

<関連文書>

掲載記事における引用,参考分文献は各記事に付属させます.

<ご意見・ご感想>

本件に関するご意見ご感想・ご質問をお寄せください。執筆担当者が確認のうえお返事が必要なものはご返答させていただきます。

お名前

メールアドレス

ご意見・ご質問などを記入してください

上記内容にて送信します。よろしければ以下の項目にチェックを入れ、送信ボタンを一度だけ押してください。

 入力内容を確認しました。

活動グループ











アクセスカウンター

  • 127108総訪問者数:
  • 19今日の訪問者数:
  • 55昨日の訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:

活動グループ

PAGETOP